譚定長 たんさだなが 健康な赤ちゃんを自然妊娠して授かる方法

 

最短14日、平均180日で自然妊娠

 

自宅でできて、体にも経済的にも優しい方法

 

が今注目を集めています。

 

誰しもが元気な健康な赤ちゃんをほしいですよね。

 

不妊治療の第一人者、譚定長(たんさだなが)先生によると、30代後半〜40代後半の年代でも妊娠は十分可能です。

 

これからご紹介する方法は、20年間で13000人の女性を自然妊娠に導いてきた実績があります。

 

この方法、妊娠成功ガイドブックを実践した方々から毎日のように

 

『元気な赤ちゃんができました』

 

という喜びの声が上がっています。

 

もし、妊娠、不妊治療のことでお悩みでしたら、必ずやお役に立てます。

 

元気な赤ちゃんを妊娠するためには正しい方法と法則が存在します。

 

正しい知識と、行動を続ければ、妊娠の成功確率はぐんと上がります。

 

この妊娠成功ガイドブックは、DVDとマニュアルがセットになっています。

 

その一部を紹介します。

 

・良質なたんぱく質を取る。

 

・体を冷やさないようにする。

 

・ストレスをためない

 

・夫婦で楽しい時間を過ごす

 

など、非常に当たり前のことを当たり前にやることプラスあることをするだけです。

 

安心してください。

 

あなたがたとえ今まで赤ちゃんができなかったとしてもそして、子宮や卵管、卵巣に問題があったとしても決して不妊ではないと言う事なのです。

 

 

健康な赤ちゃん

不妊治療アンケート

不妊治療中、過去に治療を受けた経験者計約2千人を対象にしたアンケートで、

 

体外受精などの治療費として総額100万円以上出したした人が回答者の56%に上るという結果がでました。

 

※NPO法人「Fine」(東京)調べ

 

この調査は12月〜3月にインターネットで実施した結果です。
1993人が回答し、

 

治療期間は

 

「2年〜5年未満」が43%

 

「1年〜2年未満」が27%

 

「1年未満」が15%

 

通院を始めてからの治療費の総額は

 

「100万〜200万円未満」が25%

 

割合が最も大きいという結果です。

 

治療のため仕事や他の予定に支障が出たかについては

 

「ある」とした人が87%

 

「ない」の12%を大きく上回る結果です。

 

松本亜樹子理事長からは

 

「高額な治療費負担のほか、治療と仕事の両立に悩む人も多い。不妊当事者を取り巻く現状を知ってほしい」

 

というコメント。

健康飲料で足りない栄養補助

健康飲料と言うと、どういう飲み物を想像するでしょうか。

 

脂肪を速やかに分解するというウーロン茶やプーアル茶は、様々な媒体でも広く紹介されています。

 

この他、健康飲料として知られているものには野菜ジュースや豆乳、牛乳などがあります。

 

栄養補助ドリンクも健康飲料として、ドラッグストアやコンビニエンスストアに並べられています。

 

バリエーション豊かな健康飲料があり、どんな人が、どんな理由で使うのかも異なっています。

 

健康飲料という言葉にはっきりとした条件はなく、漠然と体にいいドリンクを健康飲料と表現しているようです。

 

現代人は忙しい生活を送ってる人が多くゆっくりと食事をする時間もなく、

 

外食やファーストフードが多くなり食事の栄養バランスが崩れている人も少なくないようです。

 

日頃の食事では、ビタミンやミネラルの摂取が十分にできないという人もたくさんいます。

 

食事の時間がほとんどとれないという人でも、サプリメントや健康飲料を使えが、

 

手軽に栄養を補うことができるでしょう。最近の健康飲料といえば、水でもいろいろな種類の商品が販売されており、

 

人気の商品となっています。硬度や含まれているミネラルの量は水商品によって異なりますので、

 

水は買ったものばかり飲むという人もいます。自分の体にはどんな栄養が不足しており、

 

何を摂取すればいいかを考えて健康飲料を選びましょう。日頃から利用することで、健康効果を高めることができます。